HEALTHCARE 健康経営への取組

  1. HOME
  2. 会社情報
  3. 健康経営への取組

健康経営宣言

私たちグリーンクロスグループは、従業員とその家族の健康を重要な経営課題として、2020 年6 月に「健康経営宣言」を制定致します。
さらなる従業員及び家族の健康、労働環境の整備を進めるべく、健康に関する取り組み・活動・計画を見える化し、健康経営が当社の強みとして挙げられるよう推進して参ります。健康活動を通じて企業使命である「完璧な安全環境の構築、快適な労働環境の創造、自然との調和への美しい環境づくり」の実現を目指し、経営・従業員・家族がひとつになれる健康づくりを行ってまいります。

健康経営推進体制

健康経営推進のための取り組み

1)毎年7月に定期健康診断を受診

総務・人事の管理のもと、全社員100%(パート・アルバイトも含む)が定期健康診断を受診します。
また、2次検査(再検査)も必ず受診します。
※健康管理推進プロジェクトより健診の必要性・奨励に関して発信をしていきます

2)ストレスチェックを実施

全社員(パート・アルバイトも含む)がWebのストレスチェックを受診します。

3)半期に3日(年最低5日)有給・特別休暇を取得

5月~10月に3日間、11月~4月に3日間の有給、または会社が認める特別休暇の取得を徹底していきます。
※有給は、人事課にて管理し、各拠点の取得状況は各上長の評価に反映
※併せてバースデー休暇の取得も推進

4)受動喫煙防止対策の推進

屋内・社用社内は禁煙とし、受動喫煙を防止します。
喫煙時間を設定し、従業員の禁煙を推奨します。

5)各種健康における講習を専門の講師より受講

全社員のものから性別や役職に応じた講習・研修を実施していきます。

年間スケジュール